HakuAn*Log

愛犬【はくと】と【杏奈】のドタバタ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とっても久しぶりの投稿です。

どのくらいの方が、この投稿を読んでくださるかわかりませんが、
久しぶりの投稿で、とても辛い報告になりますことをお詫び致します。

長文です。

今週の月曜日から今日までのことを記録します。


月曜日
ハクちん、月曜日の夕方 家に帰ると反応が無く…
最近は耳も遠くなり、私が玄関を開けても気がつかないことが多いので
その時はあまり気にせず、トイレの片付けなんかをし
再びハクに声をかけましたが反応なし。。

トイレ…きちんとトイレでしてあるのもありましたが、
何故か、ハクの身体の横にもしてありました。
こんなことは、まずないので
あれ…間に合わなかったのかな?
と思い片付けてまた様子を見ました。

その時、なんだか呼吸がおかしい気がしました。
そんなに荒くないけど、お腹の辺りが呼吸に合わせて膨らんだり凹んだり…
それがすごく大きな動きのように思えました。
ご飯を与えても反応なし。

おかしい…

「ハク~どうした??」
声をかけ、上体を抱きかかえると
脱力しだらんとなっていました。
これは、絶対におかしい。
すぐに病院へ連れて行きました。

診断は、
脾臓辺りにあった腫瘍が破綻したとのこと。
腫瘍があったことも気付いてやれず、それが破綻したなんて…

・検査の数値は、炎症の部分(白血球と炎症淡白)が強くでており相当炎症がひどいとのこと。
・軽度の貧血。
・腫瘍は、悪性の可能性が高いこと。(手術しなければ診断出来ないが破綻するのは悪性が多い)
・悪性だと既に転移の可能性もあるということ。
・肺・心臓の転移はなし。
・血栓症に注意。

以上の結果から
手術をするのか、通院もしくは入院で治療するのかと3つの選択肢がありました。

しかし手術は年齢と今の症状で見るとかなりのハイリスクです。

手術で死なせたくない。。

FullSizeRender (1)


ひとまずその日は夜でしたし、出来る治療をしてもらい
家に連れて帰ることに。





IMG_4459.jpg


病院から出て帰ったときは、割と穏やかに眠っていましたが
しだいに呼吸が荒くなり
ぜーぜーと苦しそうな呼吸が一晩中続きました。



ずっと目を開いたままです。
だけど、どこを見るでもなく辛そうに一生懸命呼吸していました。
動けない身体なのに、私にどんどん身を寄せてくるので
左手でお腹をなでて、右手で腕枕をするような形で過ごしました。



明け方、少し眠ってしまったのですが、目を覚ますと杏奈がハクの隣で寝ていました。
杏奈が子供の頃はよくハクと寝ていましたが、大人になってからは初めてでした。
杏奈も心配だったかな。




火曜日
病院は、夜の予定でしたが
一晩中呼吸が苦しそうだったので、朝一番で向かいました。

再び血液検査とエコーをしてもらいましたが、数値は悪くなっていました。
お腹の中の腹水も増えていると。
しかし、数値は想定内だと先生は仰っていました。

IMG_4511.jpg

その時も手術か、入院か通院か…という相談がありましたが
やはり手術はどうしても踏ん切りがつかず…
私にはそこまでの賭けは出来ませんでした。

治療を続けていって、数値がよくなり、今より安全な状態になってくれたら手術は考える。
と伝え、
結局、入院(といっても、日中だけで夜は連れて帰る)ということになりました。
入院する理由は、出血をなるべく抑えられる点滴を静脈に打ち、それはゆっくりと流す為時間がかかるということ。

最初入院も嫌だったのですが
この日、病院へ着いてからハクも呼吸が落ち着いたこと。(たまたまかもしれませんが)
私自身もそれを見てほっとしたこと。
先生にお任せしようと決心したこと。
何かあれば、すぐに駆けつけられること。
夜は連れて帰れること。
そういう理由で、入院を決めました。

仕事中、気になって電話をしたら
先生も電話をしようとしてたところだったらしく
内容は、血液が止血・凝固が出来る機能がちゃんとあるかどうかの検査をしていいかどうか
もし手術となったときの為に、血液型を調べる検査をしていいかどうか
ということでした。

その後また結果のご連絡を頂きましたが
止血・凝固の検査の数値が著しく悪いと。。
この数値では、手術は不可能ですとのこと。
手術を迷っていましたが、手術出来ないほど…と聞くとかなりショックでした。
矛盾していますが…上手く文章にできません。。
そして、入院を日中だけではなく、24時間にしないか提案頂きましたが、(点滴を24時間流し続けることが出来る為)
夜また病院へ行くまで考えることにしました。


夜・病院
まずは、止血・凝固機能検査の結果を詳しく聞きました。

IMG_4514.jpg

止血・凝固異常…重度とされています。

「播種性血管内凝固」
という症状に陥ってるとのこと。
こういう理由で手術は出来ないとのこと。

今のハクの状態だと、血液を提供してくれる大型犬の子から400mlもらっても足りないくらいだと。。

入院を24時間にするかどうかの話は
点滴を24時間にしたら何か変わるかどうか聞いたところ
やはりそんな劇的な効果は期待出来ないとのことでした。
先生も、
「効果が見られるかもしれないんだったら、もうちょっと頑張りましょうと言いますが、夜は帰られてご家族と過ごされる方が妥当だと思います。」
と。

もうこの時点で
出来る限りのことは、この点滴と治療しかないんだと思いました。


そして、ハクを連れて帰ったのですが
前日より明らかに状態がいいのです。

私自身、一人でハクを見ていると
なんだか片時も目を離したくなくて、トイレにもいけず…
実家に応援をお願いしました。

そういう理由で実家へ連れて行ったのですが、
寝たままですが頭を起こしきょろきょろと周りを見渡していました。







明らかに前日より元気です。
水も飲ませてあげると、いつものハクと同じようにがぶがぶ飲みました。
驚いたのは、その後もう少し飲みたかったのか
自分で起き上がり水を飲みに行ったことです。
頭のすぐ上に置いていましたが、身体を自力で起こし飲んでいました。



数値が悪いと聞かされていましたが、見た目ではすごくラクそうで…

夜は時々呼吸が早くなり
「ハッハッハッ」と5分ほど苦しそうにしたかと思えば、いつものハクのように大きないびきをかいて寝るの繰り返し。
前日とは違い、本当にラクそうで私も安心しました。



杏ちゃんと並んで寝んね。。


そして今日(水曜日
朝も穏やかそうで
寝たままですが、おしっこもしました。

約束どおり、朝一で病院へ。
すぐに血液検査とエコーをしてもらいました。
血液検査は、どんどん数値が悪くなっていました。
血小板の数値がかなり悪かったです。

FullSizeRender.jpg


ところが、エコーでは腹水がすごく減ってるとのこと。
殆ど見られないと。
それで少しラクそうだったのかもしれません。


このまま血がとまってくれたら…
点滴が効いて少しでも数値が上がってくれたら…

もう今はそれを望むばかりです。



☆最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
長文になり申し訳ありません。
これは、私とハクの記録の為と
私自身の気持ちの整理の為に記しました。

内容や私の判断に誤りもあるかもしれません。
悩んで悩んで少しづつ進んでいます。
これがハクにとって一番だと信じたいです。

ですが私も全くの素人ですので、何かもしアドバイス等があれば教えて頂きたく思います。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hakutokun.blog81.fc2.com/tb.php/532-baca75b4




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。